「家族も死刑」“ネットリンチ”が暴走事故の減刑理由に 被害者遺族「悲しく思っています」

2021/11/05 11:00

 母子が亡くなった乗用車暴走事故で、受刑者はネット上で非難を浴びた。それは社会的制裁として考慮され、量刑軽減の理由の一つとなった。AERA 2021年11月8日号で取り上げた。

あわせて読みたい

  • 暴走事故の受刑者への誹謗中傷「僕自身、望んでいません」 妻子亡くした被害者遺族が語る

    暴走事故の受刑者への誹謗中傷「僕自身、望んでいません」 妻子亡くした被害者遺族が語る

    AERA

    11/7

    ネットの誹謗中傷は「小学生から教育が必要」 厳罰化すすむも「抑止効果はない」との指摘も

    ネットの誹謗中傷は「小学生から教育が必要」 厳罰化すすむも「抑止効果はない」との指摘も

    AERA

    11/6

  • 池袋暴走事故、禁錮5年に「軽すぎる」の声も…遺族感情が重視されない現状 弁護士は「若干重めの判決」

    池袋暴走事故、禁錮5年に「軽すぎる」の声も…遺族感情が重視されない現状 弁護士は「若干重めの判決」

    AERA

    9/23

    新元号「令和」下の恩赦 佐川元国税庁長官はアウト、袴田巌さんは…

    新元号「令和」下の恩赦 佐川元国税庁長官はアウト、袴田巌さんは…

    週刊朝日

    4/1

  • 【速報】“号泣元県議”野々村被告に懲役3年執行猶予4年 神戸地裁

    【速報】“号泣元県議”野々村被告に懲役3年執行猶予4年 神戸地裁

    dot.

    7/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す