米国在住18年の記者が体感 ”ニッポンの総選挙”

AERAオンライン限定

2021/11/04 08:00

「野党共闘」「政権交代」などの言葉が躍り、大きな変化が期待された10月31日の衆院選。一時帰国中だった在米18年の記者は、久しぶりに目の当たりにしたニッポンの選挙が「昭和風」のままだったことに驚いたという。

あわせて読みたい

  • コロナ感染拡大だけでない 米大統領選の開票日に前代未聞の「不確定要素」三つ

    コロナ感染拡大だけでない 米大統領選の開票日に前代未聞の「不確定要素」三つ

    AERA

    10/25

    米民主党候補者「シニア白人男性同士」の一騎打ち トランプに勝てるのは誰か

    米民主党候補者「シニア白人男性同士」の一騎打ち トランプに勝てるのは誰か

    AERA

    3/15

  • 西部邁×村本大輔「投票経験なし」対談 フェイク飛び交う時代の民主主義

    西部邁×村本大輔「投票経験なし」対談 フェイク飛び交う時代の民主主義

    AERA

    12/15

    ネット投票、一番のネックは「勝ち組」議員? “ファクスはOK”の現実

    ネット投票、一番のネックは「勝ち組」議員? “ファクスはOK”の現実

    週刊朝日

    10/16

  • 武装した“民兵”が投票を監視? 大都市では銃による事件急増、州知事もテロの標的に…大混乱の米大統領選

    武装した“民兵”が投票を監視? 大都市では銃による事件急増、州知事もテロの標的に…大混乱の米大統領選

    AERA

    10/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す