カウンセリングよりも効果大 ゲシュタルト療法で自分の怒りをコントロールする方法

2021/10/09 11:30

 キレたくないのにキレてしまう。そんな悩みを持つ人には「自分で自分の事情を聴く」というゲシュタルト療法が効果的だという。AERA 2021年10月11日号では、この分野の第一人者で公認心理師の岡田法悦さんと、怒りに悩んできた漫画家の田房永子さんが対談した。

あわせて読みたい

  • 「自分で自分の事情を聴く」 漫画家と公認心理師が語る、心の便秘の解消術

    「自分で自分の事情を聴く」 漫画家と公認心理師が語る、心の便秘の解消術

    AERA

    10/9

    "暴走シニア"になる前に、誰でも気づきが得られる心理テクニック「エンプティ・チェア」

    BOOKSTAND

    8/9

  • ママ友の「女子こわい」トーク、男女分けされたお遊戯会…子育てで直面するジェンダーの枠、親はどう向き合うべき?

    ママ友の「女子こわい」トーク、男女分けされたお遊戯会…子育てで直面するジェンダーの枠、親はどう向き合うべき?

    AERA

    3/15

    歯ぎしりの画期的治療法「トリガー・ポイント療法」を記者が体験

    歯ぎしりの画期的治療法「トリガー・ポイント療法」を記者が体験

    AERA

    4/10

  • テレビも原因? 「キレる老人」にならないための習慣とは

    テレビも原因? 「キレる老人」にならないための習慣とは

    週刊朝日

    11/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す