スープで「簡単だけど豊かな食事を」 スープ作家・有賀薫<現代の肖像>

2021/09/13 17:00

 スープ作家、有賀薫。朝に弱く、朝食が食べられない息子のために作り始めたスープ。365日、毎日作り続けたスープをSNSでアップした。「スープ作家」の肩書で展覧会などを開くが、最初は名乗ることをためらった。けれども、多くの人が背中を押してくれた。50歳からのスタート。今でも簡単で美味しくて、誰かに見てもらいたくなるスープのレシピを、毎日考え続けている。

あわせて読みたい

  • 「500日で10億円」の無茶振りから…あの「甘栗」開発秘話

    「500日で10億円」の無茶振りから…あの「甘栗」開発秘話

    週刊朝日

    1/22

    太宰、芥川、志賀直哉も誹謗中傷の嵐だった! 文豪たちから学ぶ「死なない方法」

    太宰、芥川、志賀直哉も誹謗中傷の嵐だった! 文豪たちから学ぶ「死なない方法」

    dot.

    6/11

  • 簡単ひと手間で「おうち焼き肉」がグレードアップ!野菜と肉で夏の疲れをふきとばそう!

    簡単ひと手間で「おうち焼き肉」がグレードアップ!野菜と肉で夏の疲れをふきとばそう!

    tenki.jp

    8/29

    妻が退職金持ち逃げ…おひとりさま老後の悲しい現実

    妻が退職金持ち逃げ…おひとりさま老後の悲しい現実

    週刊朝日

    12/21

  • 砂の器

    砂の器

    週刊朝日

    5/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す