「知らない」から「怖い」を超えるために 医ケア児支援法に当事者と専門家が伝えたいこと

障害のある子と生きる家族が伝えたいこと

AERAオンライン限定

2021/08/24 16:00

 障害を持つ子どもを持ち、滞在先のハワイでインクルーシブ教育に出会った江利川ちひろさんが、インクルーシブ教育の大切さや日本での課題を伝えるこの連載。今回は、今年9月18日に「医療的ケア児支援法」が施行されるのに合わせ、江利川さんが、医療的ケアが必要な長女(15歳)の主治医・江田明日香さん(かるがも藤沢クリニック院長)と、障害児保育や特別支援教育に詳しい鎌倉女子大学教授の小林保子さんと、当事者から見える医療的ケアや法律に期待することなどを語り合いました。2回に分けて掲載、こちらは後編です。

あわせて読みたい

  • 【前編】「親である自分を大切に」 医療的ケア児支援法施行に障害を持つ子の親と専門家が語り合った
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    【前編】「親である自分を大切に」 医療的ケア児支援法施行に障害を持つ子の親と専門家が語り合った

    AERA

    8/24

    「親としての自分を大切に」 医療的ケア児支援法施行に障害を持つ子の親と専門家が語り合った
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    「親としての自分を大切に」 医療的ケア児支援法施行に障害を持つ子の親と専門家が語り合った

    AERA

    8/24

  • 医ケア児の学校生活と保護者の負担減らすには 長女が前例ない「酸素導入」を実現するまで
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    医ケア児の学校生活と保護者の負担減らすには 長女が前例ない「酸素導入」を実現するまで

    AERA

    7/27

    医療的ケア児の通学をあきらめない “前例ない”覆した主治医の言葉とは?

    医療的ケア児の通学をあきらめない “前例ない”覆した主治医の言葉とは?

    AERA

    2/7

  • レスパイトに「罪悪感」を抱かずリフレッシュして 医ケア児の「おうち支援」の重要性
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    レスパイトに「罪悪感」を抱かずリフレッシュして 医ケア児の「おうち支援」の重要性

    AERA

    8/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す