「アスリートは気持ちを言葉にすべき」 スポーツ教育学者・平尾剛が望む業界の変革

東京五輪

2021/08/15 17:00

 東京五輪はコロナ対策だけでなく、様々な問題を抱える大会だった。現役のアスリートが意見を言いにくい風潮もその一つだ。AERA 2021年8月16日-8月23日合併号で、元ラグビー日本代表で神戸親和女子大学教授の平尾剛さんが語る。

あわせて読みたい

  • 史上最も「アンフェア」な五輪に? 予選会中止や出場辞退で失われた公平性

    史上最も「アンフェア」な五輪に? 予選会中止や出場辞退で失われた公平性

    AERA

    6/22

    小・中学時代のケガが再発する選手たち…行き過ぎた「勝利至上主義」は自己肯定感も下げる

    小・中学時代のケガが再発する選手たち…行き過ぎた「勝利至上主義」は自己肯定感も下げる

    AERA

    5/24

  • 今年は何があった? 2016年スポーツ重大トピックス

    今年は何があった? 2016年スポーツ重大トピックス

    dot.

    12/31

    池崎大輔選手「スポーツが生きる力を与えてくれた」 パラアスリート達を救ったスポーツの力

    池崎大輔選手「スポーツが生きる力を与えてくれた」 パラアスリート達を救ったスポーツの力

    AERA

    1/4

  • 河村たかし市長「メダルかみつき」騒動で表敬訪問に選手から疑問の声

    河村たかし市長「メダルかみつき」騒動で表敬訪問に選手から疑問の声

    dot.

    8/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す