五輪も「速く高く強く」男らしさ重視のスポーツ文化 賞金10倍差…待遇差は深刻

東京五輪

2021/07/20 08:00

 東京五輪は「多様性と調和」を理念に掲げ、参加する女子選手の数は史上最多となる。しかし、五輪のモットーが真のジェンダー平等実現の障害になっている。AERA 2021年7月26日号は「五輪」特集。

あわせて読みたい

  • 五輪期間外で報道されない女子選手 「ちゃん」付け「〇〇娘」で子ども扱いも

    五輪期間外で報道されない女子選手 「ちゃん」付け「〇〇娘」で子ども扱いも

    AERA

    7/20

    【トップ指導者対談】平井伯昌×眞鍋政義

    【トップ指導者対談】平井伯昌×眞鍋政義

    週刊朝日

    11/9

  • 2018年は良くも悪くも“当たり年” スポーツ界33人を総ざらい

    2018年は良くも悪くも“当たり年” スポーツ界33人を総ざらい

    週刊朝日

    12/25

    日本人初の五輪メダリストは商社マン? オリ・パラの「人物うんちく」7連発

    日本人初の五輪メダリストは商社マン? オリ・パラの「人物うんちく」7連発

    AERA

    6/30

  • 冬季五輪で記憶に残った大会のダントツ1位は「ふなきい~~」の長野五輪【北京五輪2000人アンケート】

    冬季五輪で記憶に残った大会のダントツ1位は「ふなきい~~」の長野五輪【北京五輪2000人アンケート】

    dot.

    2/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す