米ワシントン州で気温47度の異常気象 家に冷房がなく、図書館が「クーリングセンター」に… (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

米ワシントン州で気温47度の異常気象 家に冷房がなく、図書館が「クーリングセンター」に…

ライター・ハントシンガー典子AERA
シアトルでは6月28日、水に入って涼をとる人々が続出(写真:ハントシンガー典子)

シアトルでは6月28日、水に入って涼をとる人々が続出(写真:ハントシンガー典子)

ポートランドの日陰に置いた温度計は、華氏114度(摂氏で約46度)を記録。日なたはもっと暑い(写真:Kurumi Ishikawa Conley)

ポートランドの日陰に置いた温度計は、華氏114度(摂氏で約46度)を記録。日なたはもっと暑い(写真:Kurumi Ishikawa Conley)

ポートランドでは、コンクリートの上に鉄板を置いただけで、目玉焼きやチーズがとろけるトルティーヤができた(写真:Kurumi Ishikawa Conley)。

ポートランドでは、コンクリートの上に鉄板を置いただけで、目玉焼きやチーズがとろけるトルティーヤができた(写真:Kurumi Ishikawa Conley)。

 北米西海岸に、気温47度という酷暑が押し寄せ、死者も出ている。例年は涼しいシアトルでは、冷房がない家庭も多い。日本にもこんな酷暑がくるかもしれない。AERA2021年7月19日号の記事を紹介する。

【写真】ポートランドでは、コンクリートの上に鉄板を置いただけで、目玉焼きができる

*  *  *
 北米西海岸で記録的猛暑が続いている。ヒートドーム現象と呼ばれる熱波に襲われ、米オレゴン州の最大の都市ポートランドでは、6月28日に47度の最高気温を記録。同州では少なくとも63人が熱波の影響で死亡した。筆者が住む、カナダ国境に近いワシントン州シアトルは、普段は涼しい夏。だが、同日まさかの42度超え。州内の一部では47度以上に達したエリアもあり、1928年以来の最高気温記録塗り替えとなった。カナダのブリティッシュ・コロンビア地域などでは山火事も起きた。

■涼のため図書館を開放

 シアトルでは冷房のない家が大半だ。この酷暑で警報も発令され、市内の図書館などは、冷房で涼をとるための「クーリングセンター」として開放された。日中に外に出ると、ドライヤーの熱風の中にいるような状態で、夜は夜で窓を開けても寝苦しく、汗だくで起きた朝もやはりうだるような暑さは変わらない。犬や猫も、ぐったり。植物は日焼けするか、しおれてしまうものも。まだまだコロナ禍の様子見や制限が続くシアトルで、店内飲食を提供する店は限られ、冷房の利いたカフェでまったり過ごすというワザも使えない状況だ。

「簡易プールを出して、涼むくらいしかできません」と話すのは40代女性。「地上ではとても寝付けないので、夜は地下の部屋に移動しました」。60代女性は、「清掃の仕事中、依頼人が在宅でなかったので、せっかくエアコンのあるお宅だったのに、勝手に作動させるわけにもいかず、蛇の生殺し状態でした」。20代女性は、母親の退職祝いのパーティーを開いた。「扇風機を買って、人数分の扇子を用意しました。冷たい飲み物やアイスクリームもたくさん! キャンセルはご高齢のひとりだけで、皆さん汗をぬぐいながら祝ってくれて、ありがたかったです」と語る。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい