国産ワクチン開発遅れの背景 治験の「倫理の壁」に立ち往生…新手法も政府は及び腰

新型コロナウイルス

2021/05/11 08:00

 欧米諸国でワクチン開発と接種が進む中、未だに日本は国産ワクチン承認・生産にこぎつけていない。ただでさえ出遅れているうえに、治験の倫理的な壁が立ちはだかる。AERA 2021年5月17日号から。

あわせて読みたい

  • 激化する国産ワクチン開発競争 田辺三菱は22年度実用化目指す

    激化する国産ワクチン開発競争 田辺三菱は22年度実用化目指す

    週刊朝日

    12/15

    「効果は想像以上」のコロナワクチン、毎年打つ必要はない?

    「効果は想像以上」のコロナワクチン、毎年打つ必要はない?

    週刊朝日

    7/14

  • 「90%以上の有効性」ファイザーワクチンの課題 大規模接種に専門家が「急がば回れ」と言う理由

    「90%以上の有効性」ファイザーワクチンの課題 大規模接種に専門家が「急がば回れ」と言う理由

    AERA

    11/18

    コロナワクチンの早期開発が難しい理由 開発で大事な4つのポイントとは?

    コロナワクチンの早期開発が難しい理由 開発で大事な4つのポイントとは?

    週刊朝日

    10/29

  • 新型コロナ「ワクチン開発」の現在地 世界と日本の動きに違いは?

    新型コロナ「ワクチン開発」の現在地 世界と日本の動きに違いは?

    AERA

    9/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す