路上で「地蔵」になるウーバー配達員、脅迫のようなメールも…悪化する労働環境に疲弊

2021/05/09 08:00

 今や都市の新しい風景にもなったフードデリバリー。配達員は、コロナ禍の雇用の受け皿にもなった。だが、彼らは「個人事業主」。急成長の陰で、労働環境の悪化が浮き彫りになってきた。AERA 2021年5月3日-5月10日合併号で取材した。

あわせて読みたい

  • スーパーでまさかの枕営業…人生をも支配する「全人格労働」

    スーパーでまさかの枕営業…人生をも支配する「全人格労働」

    AERA

    2/16

    ウーバー配達中の事故がきっかけで労働組合委員長に 当時「人間扱いされていない」と感じた理由

    ウーバー配達中の事故がきっかけで労働組合委員長に 当時「人間扱いされていない」と感じた理由

    AERA

    5/9

  • 性欲ムキ出し、痛い若作り…「職場の迷惑おじさん」たち

    性欲ムキ出し、痛い若作り…「職場の迷惑おじさん」たち

    ダイヤモンド・オンライン

    6/19

    中卒でソニー会長に「働きたい」と言ったら…意外な返事

    中卒でソニー会長に「働きたい」と言ったら…意外な返事

    AERA

    7/30

  • ホリエモン「貧困問題はやっぱり自己責任だろう」

    ホリエモン「貧困問題はやっぱり自己責任だろう」

    週刊朝日

    4/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す