インフルエンサーは広告媒体として「新宿駅化」している? 今後は「二分される」専門家が予測

2021/05/04 07:00

 広告媒体としてインフルエンサーの影響力が増している。一方、これまで「中立の第三者」の立場で発信されてきた口コミの良さが薄れつつある。インフルエンサーの今後や課題は何か。AERA 2021年5月3日-5月10日合併号は、山本晶・慶應義塾大准教授に聞いた。

あわせて読みたい

  • 「経済インフルエンサーの影響力に世界が戦慄」ママYouTuberのなーちゃん

    「経済インフルエンサーの影響力に世界が戦慄」ママYouTuberのなーちゃん

    dot.

    6/25

    「炎上したDaiGoと王者ヒカキンのちがいとは」ママYouTuberのなーちゃん
    筆者の顔写真

    なーちゃん

    「炎上したDaiGoと王者ヒカキンのちがいとは」ママYouTuberのなーちゃん

    dot.

    8/27

  • 人気のカギは「映え」から「人柄」へ 変わるインフルエンサーのトレンド

    人気のカギは「映え」から「人柄」へ 変わるインフルエンサーのトレンド

    AERA

    4/30

    「品川駅の広告炎上騒動が示した3つの問題点」ママYouTuberのなーちゃん 
    筆者の顔写真

    なーちゃん

    「品川駅の広告炎上騒動が示した3つの問題点」ママYouTuberのなーちゃん 

    dot.

    10/8

  • ママYouTuberのなーちゃん「月1億円の収益をあげるYouTuberたち」
    筆者の顔写真

    なーちゃん

    ママYouTuberのなーちゃん「月1億円の収益をあげるYouTuberたち」

    dot.

    2/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す