年下くんを落とすには、まず周囲の人に対して自分の株をあげよう しいたけ.さんがアドバイス (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

年下くんを落とすには、まず周囲の人に対して自分の株をあげよう しいたけ.さんがアドバイス

連載「午後3時のしいたけ.相談室」

しいたけ.AERA#しいたけ.
占い師、作家 しいたけ.

占い師、作家 しいたけ.

※写真はイメージ(gettyimages)

※写真はイメージ(gettyimages)

 AERAの連載「午後3時のしいたけ.相談室」では、話題の占い師であり作家のしいたけ.さんが読者からの相談に回答。しいたけ.さんの独特な語り口でアドバイスをお届けします。

*  *  *
Q:年下くんのことが好きなのですが、告白できません。一緒にいて楽しいし楽なのですが、向こうがどう思ってるかは知りません。こっちに合わせて気を使われてるかもしれません。仲のいい先輩後輩の関係から進展したらラッキーですが、いまの関係が崩れるのは嫌です。出会った時に比べて肥えましたし、顔のシミやシワも気になります。(女性/会社員/33歳/てんびん座)

A:人の心をどう動かしていくか、いつも考えるんですが非常に難しいなと思います。恋愛関係だけじゃなくても、ある種の「好意」がお互いに芽生えたとき、瞬間沸騰みたいになることがあります。明日また会いたい、来週も会いたい、絶対今度ご飯行きましょう、って相手の予定を先押さえしたくなる。お互いに最大限に沸騰していれば問題ないのですが、ブームがちょっと冷めるときもあります。

 100度だった状態から、どちらかが80度、70度ぐらいまで下がっている空気感のときに「来週あいてます? いつ空いてます?」と前のめりになると相手が戸惑う可能性があるんです。そうすると「メールありがとうございます」みたいな返信が来て、また温度が下がって、悲しい状態になって。僕も覚えがあります。

 温度が下がったことがなんとなくわかってしまった場合にどう対応したらいいか。相手に対して「また温度を上げていきましょうや!」と再沸騰を迫ると、空回りしてせっかくのご縁みたいなものが薄れてしまう。まずは放っておきましょう。縁がある人だったら、また燃え上がるときがきっときます。

 これはみなさんにお伝えしたいんですが、人間社会は思ったより狭いです。何が言いたいかと言うと、自分が仲良くなる人は、自分が好きな人も仲良くなる可能性があるんですね。「気が合う連盟」みたいな感じで。それは結構狭い。だからその人を放っておいて、いやらしい話だけど他の人に対して自分の株を上げる活動を頑張りましょう。他の人経由で「あの人面白かったよ、いい人だったよ」みたいな話が耳に入ると、「そういえば最近連絡してなかったから連絡してみようかな」ということが起こります。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい