日本発の世界的ベストセラーが映画化! 自閉症の荒々しい感覚の嵐描く

映画

2021/04/04 17:00

 自閉症の日本人少年が書いた本、『自閉症の僕が跳びはねる理由』が世界的ベストセラーとなり、映画化された。彼らの独特の感性を体感すると、自閉症の人への見方が一変する。AERA 2021年4月5日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 知名度が低い場面緘黙症、診てくれる病院が見つからない!? BL同人漫画家が直面した現実

    知名度が低い場面緘黙症、診てくれる病院が見つからない!? BL同人漫画家が直面した現実

    BOOKSTAND

    2/10

    自閉症ケア施設を守った2人の若者がモデル 「最強のふたり」監督コンビの最新作

    自閉症ケア施設を守った2人の若者がモデル 「最強のふたり」監督コンビの最新作

    AERA

    9/14

  • 柔道家・山下泰裕さん 自閉症の次男に「感謝している」と語る

    柔道家・山下泰裕さん 自閉症の次男に「感謝している」と語る

    週刊朝日

    7/14

    第1128回 3人と3匹 仲良し「6人家族」

    第1128回 3人と3匹 仲良し「6人家族」

    週刊朝日

    6/4

  • ティンバーレイク、会場にいた自閉症の男の子のため誕生日プレゼント

    ティンバーレイク、会場にいた自閉症の男の子のため誕生日プレゼント

    Billboard JAPAN

    8/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す