政治家秘書「泥をかぶって先生を守る」時代に変化? 日米で異なる“責任逃れ”事情

2021/01/07 08:02

 うんざりする言葉「秘書が……」は、政治家の間で脈々と受け継がれてきた。責任逃れともとれるが、泥をかぶる当の政治家秘書にも「変化」があるという。政治家と秘書の関係について取り上げたAERA 2021年1月11日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 豊田真由子議員元秘書が語る「秘書は奴隷じゃない」

    豊田真由子議員元秘書が語る「秘書は奴隷じゃない」

    AERA

    8/9

    「桜を見る会」疑惑で窮地の安倍前首相 友人に語っていた警戒感「ビール一杯でも違反になる」

    「桜を見る会」疑惑で窮地の安倍前首相 友人に語っていた警戒感「ビール一杯でも違反になる」

    dot.

    11/25

  • 赤旗動画スクープ「桜を見る会で辞職した安倍前首相秘書の復職」を事務所に直撃取材

    赤旗動画スクープ「桜を見る会で辞職した安倍前首相秘書の復職」を事務所に直撃取材

    dot.

    4/9

    安倍前首相「桜を見る会」と河井夫妻1億5千万円疑惑に同じ秘書が関与

    安倍前首相「桜を見る会」と河井夫妻1億5千万円疑惑に同じ秘書が関与

    週刊朝日

    11/25

  • 安倍・菅政権とは何だったのか コロナ対策、相次いだ不祥事…9年間を読み解く

    安倍・菅政権とは何だったのか コロナ対策、相次いだ不祥事…9年間を読み解く

    AERA

    9/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す