大学入学共通テストはシャープペン「ダメ」 読み取りに影響するそのワケとは? (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大学入学共通テストはシャープペン「ダメ」 読み取りに影響するそのワケとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
石田かおるAERA#大学入学共通テスト
共通テストは鉛筆を忘れないようにしよう。写真は2020年センター試験会場(c)朝日新聞社

共通テストは鉛筆を忘れないようにしよう。写真は2020年センター試験会場(c)朝日新聞社

イラスト:土井ラブ平

イラスト:土井ラブ平

 マークシートを黒く塗りつぶすだけなら何を使っても同じじゃない? そう思う人も多いはず。でも実は、読み取りに影響が出る可能性があるんです。

【イラスト】鉛筆OK、シャープペンシルNG…

*  *  *
 いよいよ第1回大学入学共通テストが1月16日、17日に実施される。その「受験上の注意」には次のように書かれている。

「解答には、必ず黒鉛筆(H、F、HBに限る。)及びプラスチック製の消しゴムを使用してください。黒鉛筆以外のもの(シャープペンシル等)を使用してマークした場合には、解答が読み取れないことがありますので、使用しないでください」

 これまでのセンター試験でも示されてきた注意事項だ。多くの生徒は小学校低学年で鉛筆の持ち方などを学校で習うが、中学年ごろからはシャーペンを使うようになる。普段あまりなじみのない鉛筆を入試で指定されることに「なぜシャーペンはダメ?」といった声も聞かれる。

■炭素への反射を読む

 鉛筆とシャーペンはそもそもどう違うのか。三菱鉛筆広報担当の奥村華奈子さんが説明する。

「鉛筆の芯は黒鉛と粘土を焼き固めて作ります。これに対して、シャーペンの芯は粘土の代わりにプラスチックを使い、それによって強度をつけています」

 大学入試センターが鉛筆を推奨するのは、その「芯の違い」がマークシートの読み取りを左右しうるからだ。大学入試センターの広報は言う。

「マークシートは炭素への光の反射を読み取っています。シャーペンの芯には鉛筆と違う成分が含まれており細くて硬い。マーク部分が大きく傷ついたり、へこみが出たりした場合、読み取りに影響が出る可能性があるため鉛筆を推奨しています」

 マークシートの読み取りとは、具体的にどのようなメカニズムになっているのか。大学入試のマークシート業務を多く手がける、日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの吉村知己さんは次のように説明する。

「マークシートはOMR(Optical Mark Reader)という光学式の機械で読み取ります。炭素に反応する赤外光をあてると、炭素の黒い部分は光を吸収し、白い部分は光を反射する。それによってマークの有無を判別します」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい