労働者の残業時間が15.3%減少 仕事をしていた時間の使い方を見つめなおすきっかけに 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

労働者の残業時間が15.3%減少 仕事をしていた時間の使い方を見つめなおすきっかけに

このエントリーをはてなブックマークに追加
上栗崇AERA#アエラtoSDGs
写真・高野楓菜

写真・高野楓菜

 新連載「アエラ to SDGs」では、2030年までに達成するべき目標として国連が定めた17のゴールSDGs(エス・ディー・ジーズ)について毎回一つずつ写真で表現し、私たちが考えるべきこと・できることは何かをテーマにお届けします。

*  *  *
 日本の労働者の1カ月間の平均残業時間は8.9時間で、前年同月より15.3%減った(2020年7月、厚生労働省・毎月勤労統計調査)。飲食業やサービス業の減少が特に顕著で、コロナ禍の影響とみられる。世界水準に近付いたなどと喜んではいられない状況だが、せめて「働けない時間」を、今後の「働かない時間=オフ」の使い方を模索するひとときにできれば。(写真・高野楓菜/文・上栗崇)

AERA 2020年10月5日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい