沖縄・少女暴行事件から25年 県民の怒りで「普天間返還」契機になるも…変わらぬ現状

沖縄問題

2020/09/04 08:00

 沖縄の女児が3人の米軍人に暴行された1995年9月の「少女暴行事件」。事件の衝撃は県民の怒りに火をつけ、日米安保体制を足元から揺るがした。あれから25年。浮き彫りになった課題は置き去りにされたままだ。AERA 2020年9月7日号で掲載された記事から。

あわせて読みたい

  • 「自分だけ生き残ってしまった」元学徒の思いに寄り添い、伝え続ける ひめゆり平和祈念資料館館長 普天間朝佳<現代の肖像>

    「自分だけ生き残ってしまった」元学徒の思いに寄り添い、伝え続ける ひめゆり平和祈念資料館館長 普天間朝佳<現代の肖像>

    AERA

    8/3

    専門家が指摘「スーパー南海地震」 茨城から沖縄、フィリピンを襲う想定被害規模とは?

    専門家が指摘「スーパー南海地震」 茨城から沖縄、フィリピンを襲う想定被害規模とは?

    AERA

    7/13

  • 修学旅行が高すぎる…30万超もザラ、葛藤する親と子

    修学旅行が高すぎる…30万超もザラ、葛藤する親と子

    AERA

    11/28

    普天間「返還」条件に「緊急時に民間施設の使用」 米軍はどの空港使う?

    普天間「返還」条件に「緊急時に民間施設の使用」 米軍はどの空港使う?

    AERA

    11/1

  • 玉城沖縄県知事、安倍首相に日米と沖縄による協議機関「SACWO」設置を提案へ 1日に面談

    玉城沖縄県知事、安倍首相に日米と沖縄による協議機関「SACWO」設置を提案へ 1日に面談

    AERA

    2/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す