米国でマスクは“弱さと悪の象徴”? KKKや西部劇の強盗との意外な関係とは

新型コロナウイルス

2020/08/31 09:00

 米国がマスク着用派と反マスク派で激しく分断されている。カリフォルニア州オレンジ郡では、ソーシャルディスタンスを確保できない場所でのマスク着用を義務づけたところ、これに保守派が激しく反発。責任者の自宅に押しかける事態にまで発展した。今回のように慣れないマスク着用を強制される事態は、「権力からの自由」を国是とする米国人、中でも特に共和党支持者は特に嫌がるのだと北海道大学の結城雅樹教授(社会心理学)は指摘する。ただ、マスクをめぐる分断の裏には、それに加えてさらに複雑な事情もあるようだ。AERA 2020年8月31日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • マスク義務化で保健当局責任者が「命の危険」感じる事態に…米国で着用めぐり分断深まる

    マスク義務化で保健当局責任者が「命の危険」感じる事態に…米国で着用めぐり分断深まる

    AERA

    8/31

    マスク越しの声が聞きにくい理由 音響分析ソフトが示した結果とは?

    マスク越しの声が聞きにくい理由 音響分析ソフトが示した結果とは?

    dot.

    8/28

  • 重症化のジェンダー差とワクチンの性差 女性は男性より「少量」で効果の可能性

    重症化のジェンダー差とワクチンの性差 女性は男性より「少量」で効果の可能性

    AERA

    1/15

    帯津医師「マスクは必要悪」 今こそマスク着用のマイナス点を考える
    筆者の顔写真

    帯津良一

    帯津医師「マスクは必要悪」 今こそマスク着用のマイナス点を考える

    週刊朝日

    12/7

  • 夏マスクによる「かゆみ」は我慢するしかない? 皮膚科医が三つの原因と対策を解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    夏マスクによる「かゆみ」は我慢するしかない? 皮膚科医が三つの原因と対策を解説

    dot.

    7/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す