西田亮介×堀潤 「夜の街」と大きな主語が不安を煽った コロナ禍の情報発信の課題

新型コロナウイルス

2020/07/22 08:00

 新型コロナウイルスの感染拡大は私たちにどんな影響を与えたのか。社会学者の西田亮介さんとジャーナリストの堀潤さんが、不安に突き動かされたコミュニケーションの危険性について語った。AERA 2020年7月27日号から。

あわせて読みたい

  • 西田亮介×堀潤 GoToでも場当たり対策を乱発 「耳を傾けすぎる政府」の危険

    西田亮介×堀潤 GoToでも場当たり対策を乱発 「耳を傾けすぎる政府」の危険

    AERA

    7/23

    西田亮介 「若者に『自分のため』と呼びかけなかった“政府のコミュニケーション“の課題」

    西田亮介 「若者に『自分のため』と呼びかけなかった“政府のコミュニケーション“の課題」

    AERA

    2/28

  • 社会学者・西田亮介が「耳を傾けすぎる政府」に警鐘 コロナ対策が“ちぐはぐ”な理由

    社会学者・西田亮介が「耳を傾けすぎる政府」に警鐘 コロナ対策が“ちぐはぐ”な理由

    dot.

    8/17

    コロナ危機の社会学 感染したのはウイルスか、不安か

    コロナ危機の社会学 感染したのはウイルスか、不安か

    週刊朝日

    9/28

  • 「ロックダウン」「武漢ウイルス」コロナ禍で生まれた言葉が人々に与えた影響とは 社会学者・西田亮介が分析

    「ロックダウン」「武漢ウイルス」コロナ禍で生まれた言葉が人々に与えた影響とは 社会学者・西田亮介が分析

    dot.

    8/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す