野田洋次郎 「希望を歌うだけでいいのか」 皆と同じ時代に生き同じ空気を吸って考えたこと

2020/06/18 11:30

 新型コロナウイルス感染症に、世界中が翻弄されている。閉塞感が社会を覆う中、野田は新しい曲を発表し続ける。今、音楽を鳴らすことの意味とは。AERA 2020年6月22日号から。

あわせて読みたい

  • RADWIMPS、新曲「ココロノナカ」ストリーミングサービスにて配信開始

    RADWIMPS、新曲「ココロノナカ」ストリーミングサービスにて配信開始

    Billboard JAPAN

    6/3

    RADWIMPS野田洋次郎さんがAERAの表紙&インタビューに初登場!撮影は蜷川実花

    RADWIMPS野田洋次郎さんがAERAの表紙&インタビューに初登場!撮影は蜷川実花

    6/12

  • RADWIMPS、『夏のせい ep』9/2リリース 本日『FNS歌謡祭 夏』にて初パフォーマンス

    RADWIMPS、『夏のせい ep』9/2リリース 本日『FNS歌謡祭 夏』にて初パフォーマンス

    Billboard JAPAN

    8/26

    野田洋次郎、illionやRADWIMPSを披露するスペシャルライブ公開

    野田洋次郎、illionやRADWIMPSを披露するスペシャルライブ公開

    Billboard JAPAN

    10/28

  • 内田樹「コロナと共生する社会」 岩田健太郎医師と語ったウイルスと人類

    内田樹「コロナと共生する社会」 岩田健太郎医師と語ったウイルスと人類

    AERA

    4/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す