野田洋次郎 「希望を歌うだけでいいのか」 皆と同じ時代に生き同じ空気を吸って考えたこと (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

野田洋次郎 「希望を歌うだけでいいのか」 皆と同じ時代に生き同じ空気を吸って考えたこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
ミュージシャン 野田洋次郎(RADWIMPS)(photo /Takeshi Yao)

ミュージシャン 野田洋次郎(RADWIMPS)(photo /Takeshi Yao)

 新型コロナウイルス感染症に、世界中が翻弄されている。閉塞感が社会を覆う中、野田は新しい曲を発表し続ける。今、音楽を鳴らすことの意味とは。AERA 2020年6月22日号から。

【写真】野田洋次郎さんが表紙を飾ったAERAはこちら

*  *  *
 激動の3カ月だった。

 3月15日に中国で先行無料配信された「Light The Light」を皮切りに、4月は「猫じゃらし」、5月には「新世界」「ココロノナカ」と、RADWIMPSは立て続けに新曲を発表。バンドのフロントマンを務める野田にとっても忘れ難い3カ月になった。

野田洋次郎(以下、野田):「Light The Light」の制作依頼があったのは2月初旬です。中国でお世話になっている方から、「新型コロナの影響で不安な生活を送る人々を励ます歌を作ってもらえないか」と打診がありました。それで、自分が少しでも力になれるならとお引き受けしたんですけど、正直そのときはまだ、外の世界の出来事を眺めているような気持ちでしたね。

 だが、「決して人ごとではなかった」と続ける。3月下旬には、日本の累計検査陽性者数は千人に達した。全国のライブハウスやイベント施設が休業に追い込まれる中、3月20日から予定していた国内ツアーは延期、ワールドツアーは中止せざるを得なくなった。

野田:かなり落ち込みました。完全にツアーのモードになっていたので……。予定していたワールドツアーは1年以上前から準備してきたものでした。それが突然なくなって、どうやってメンタルを保てばいいのかわからなくなってしまった。2~3週間は何も手につきませんでした。

 そんななか、立ち直るきっかけの一つになったのが、5月8日の「ミュージックステーション」に出演を決めたことだ。

野田:それまでは曲を作ろうにも、出口の見えない社会で何を歌えばいいのかわからず、手をつけられなかった。Mステの出演を決めたことで、「この日までに新曲を作る」という非常に明確な目標が与えられたので、それは救いになりました。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい