性も美容の言葉で語る 美容家・吉川千明の挑戦<現代の肖像> (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

性も美容の言葉で語る 美容家・吉川千明の挑戦<現代の肖像>

このエントリーをはてなブックマークに追加
北原みのりAERA
「美って何だろうって、いつも思うんだけれど。結局、美容って顔つき。生き方なの」(撮影/品田裕美)

「美って何だろうって、いつも思うんだけれど。結局、美容って顔つき。生き方なの」(撮影/品田裕美)

泥を使うヘッドスパ、クレンジングミルクなど、吉川が広めたものは少なくない。「化粧品はなくたっていいものだけれど、ないと生きていけないもの」。ベルナチュレール玉川高島屋店で(撮影/品田裕美)

泥を使うヘッドスパ、クレンジングミルクなど、吉川が広めたものは少なくない。「化粧品はなくたっていいものだけれど、ないと生きていけないもの」。ベルナチュレール玉川高島屋店で(撮影/品田裕美)

 オーガニックコスメを日本に根付かせ、エステを経営すると「行きたいエステ」1位になるなど話題になった。吉川千明さんは自分がいいと思い、自分の肌で信頼できたものを、女性たちに優しい言葉で語る。それが女性の心をつかんだ。離婚で一度はほぼすべてを手放した。人生のリセットを支えたのは女友達。自分の真の価値を見いだすために、吉川さんの美容はある。

*  *  *
 2019年10月、日本最大のオーガニックイベント「女性のためのナチュラルビューティースタイル展」がジェイアール名古屋タカシマヤで開かれた。世界のオーガニックコスメなど約60のブランドが集結する一大イベントを、全てコーディネートしてきたのが美容家の吉川千明(60)だ。アロマという言葉も浸透していなかった1990年代から、ナチュラルコスメ業界を牽引してきた。

 この日、会場では吉川と植物療法士の森田敦子(54)のトークイベントが行われていた。用意された50席はすぐに埋まり、立ち見の人もいる。

 冒頭、森田は「快感はとても大切」とオーガズムの話をはじめた。吉川は「そう、女性ホルモンも関係している大切な話なんですよね」と、まっすぐに客席に視線を向けながら、自身の更年期の体験を語った。女性たちがのめり込むのが分かった。それから2人は腟の乾きや痛み、どうケアしましょう?と柔らかな口調で語り続けたのだ。

 こんな世界があるのか。アロマの香り立つ百貨店の催事場で、性が美容の言葉で語られる。語りにくいことを誤魔化すことなく、「あなたの身体を大切にして」とまっすぐに伝える。ハンカチで目をおさえる人は、一人や二人ではなかった。

 売り場では、女性たちが買い物を楽しんでいる。「肌が荒れちゃって」「シミがね」。そんな悩みを語り、販売員と化粧品を選ぶ。まるでここだけ世界から切り離された美しい女の街に見えてくる。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい