性も美容の言葉で語る 美容家・吉川千明の挑戦<現代の肖像>

2020/06/15 16:00

 オーガニックコスメを日本に根付かせ、エステを経営すると「行きたいエステ」1位になるなど話題になった。吉川千明さんは自分がいいと思い、自分の肌で信頼できたものを、女性たちに優しい言葉で語る。それが女性の心をつかんだ。離婚で一度はほぼすべてを手放した。人生のリセットを支えたのは女友達。自分の真の価値を見いだすために、吉川さんの美容はある。

あわせて読みたい

  • 「化粧品難民」続出中 “何がいいかわからない”から脱する方法

    「化粧品難民」続出中 “何がいいかわからない”から脱する方法

    週刊朝日

    12/24

    「偏差値の高さ」じゃない 「大学ランキング」学長からの評価1位は?

    「偏差値の高さ」じゃない 「大学ランキング」学長からの評価1位は?

    週刊朝日

    1/17

  • ほうれい線、たるみ、目のクマには綿棒でツボ押し? 美しくなる顔の地図とは
    筆者の顔写真

    山田美保子

    ほうれい線、たるみ、目のクマには綿棒でツボ押し? 美しくなる顔の地図とは

    週刊朝日

    1/31

    「YOUは何しにセブンに?」 コンビニが外国人観光の目的地になっているワケ

    「YOUは何しにセブンに?」 コンビニが外国人観光の目的地になっているワケ

    dot.

    10/26

  • 40代・50代、美しさを保つために必要なケアとは?

    40代・50代、美しさを保つために必要なケアとは?

    BOOKSTAND

    5/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す