文楽一筋30年、初のバイト生活…コロナ禍で挑戦を続ける伝統芸能で生きる人々の現在

2020/06/02 11:30

 3月以降、伝統芸能においてもほとんどの公演が中止になった。伝統の灯を絶やさぬため、アルバイト、動画制作、インスタライブなど新たな挑戦をしながら、再開のときを待っている。AERA 2020年6月1日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 銀座に観世能楽堂が誕生! 能楽のたのしみ方

    銀座に観世能楽堂が誕生! 能楽のたのしみ方

    AERA

    9/3

    苦難続くエンターテイメント業界 ステージの消えた日常を生きる表現者たちのいまと未来

    苦難続くエンターテイメント業界 ステージの消えた日常を生きる表現者たちのいまと未来

    AERA

    1/1

  • 女性が1人で人形を操る「乙女文楽」 舞台が映す現代性

    女性が1人で人形を操る「乙女文楽」 舞台が映す現代性

    AERA

    11/11

    4月15日 「梅若忌」には誰を偲びますか?

    4月15日 「梅若忌」には誰を偲びますか?

    tenki.jp

    4/15

  • 天皇陛下は「控え目だけれど責任感がお強い」ご学友が明かす素顔

    天皇陛下は「控え目だけれど責任感がお強い」ご学友が明かす素顔

    AERA

    5/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す