「たんぽぽ」白鳥の夫・チェリー吉武が明かす隔離生活 1LDKで妻が感染、夫はどうする?  (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「たんぽぽ」白鳥の夫・チェリー吉武が明かす隔離生活 1LDKで妻が感染、夫はどうする? 

このエントリーをはてなブックマークに追加
福井しほAERA#新型コロナウイルス
チェリーよしたけ/1980年生まれ、静岡県・佐賀県出身。ギネス世界記録を日本一保持するギネス芸人として活動。ツイッターは@cherryyoshitake(写真:チェリー吉武さん提供)

チェリーよしたけ/1980年生まれ、静岡県・佐賀県出身。ギネス世界記録を日本一保持するギネス芸人として活動。ツイッターは@cherryyoshitake(写真:チェリー吉武さん提供)

チェリーさんが作ったから揚げ。「早く元気になるよう普段以上に食べるようにしました。お互い体重オーバーしていると思います」(チェリーさん)(写真:チェリー吉武さん提供)

チェリーさんが作ったから揚げ。「早く元気になるよう普段以上に食べるようにしました。お互い体重オーバーしていると思います」(チェリーさん)(写真:チェリー吉武さん提供)

 同居する家族が新型コロナウイルスに感染したとき、どうすればいいのか。お笑いタレントのチェリー吉武さんが、妻が感染したときの体験を語ってくれた。AERA 2020年5月18日号の記事を紹介する。

【写真】早く元気になるようにとチェリーさんが作ったから揚げ

*  *  *
 チェリー吉武さん(39)は妻でお笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さん(38)と二人暮らし。まだ新型コロナウイルスに対する世間の関心が薄かった2月初旬ごろから、マスクの着用、手洗いうがいの徹底、除菌シートを持ち歩いての消毒など、感染にはひと一倍気を付けていた。

 ところが3月下旬、妻に嗅覚異常の症状があらわれた。妻にはアレルギー性鼻炎があるためそのせいかと思っていたが、その後発熱。PCR検査を受けたところ、4月7日に陽性が判明した。

「妻から感染を伝えられたときは、ただただ動揺しました。妻の症状も心配でしたし、自分も感染しているかも、という不安もありました。ところが保健所からは、『濃厚接触者であっても症状がなければPCR検査は受けられない』と言われてしまったんです」(チェリーさん)

 幸い妻の症状は軽く、入院することなく自宅で過ごすことになる。1LDKの部屋でどうやって家庭内感染を防ぐべきか。手探りの隔離生活が始まった。

 まずは二人で使っていた寝室を妻の部屋にし、チェリーさんはリビングに仕切りを作って寝床にするなど生活空間を分けた。廊下や洗面台などにアルコール消毒液を設置、風呂場やトイレ、洗面所などの共用部は使うたびに消毒を徹底。電気のスイッチなど、お互いに触れるものは使うたびにこまめにふき取った。

「昔、清掃のバイトをしていたことがあるんです。そのときのことを思い出し、ほこりが溜まりやすいところや人が触る場所を意識して掃除をしました」

 雨の日以外は24時間窓を開け放ち、換気も意識した。妻の感染判明から約2週間、外に出たのはベランダで洗濯物を干すときだけ。保健所から言い渡された「自宅待機」に法的拘束力はないが、自分が出かけたことで他の誰かにうつしてしまうと考えると、外に出るという選択肢はなかった。足りないものは通販を利用し、状況を知った先輩が届けてくれる食材でやりくりした。チェリーさんが台所に立ち、料理を作っては白鳥さんが待機する寝室へと持っていった。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい