会話は「何かに触りながら」がおすすめ 緊張を感知しやすいしし座へしいたけ.さんがアドバイス (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

会話は「何かに触りながら」がおすすめ 緊張を感知しやすいしし座へしいたけ.さんがアドバイス

連載「午後3時のしいたけ.相談室」

このエントリーをはてなブックマークに追加
しいたけ.AERA#しいたけ.
しいたけ./占師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。哲学を研究しながら、占いを学問として勉強。「VOGUE GIRL」での連載「WEEKLY! しいたけ占い」でも人気

しいたけ./占師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。哲学を研究しながら、占いを学問として勉強。「VOGUE GIRL」での連載「WEEKLY! しいたけ占い」でも人気

※写真はイメージ(gettyimages)

※写真はイメージ(gettyimages)

 AERAの連載「午後3時のしいたけ.相談室」では、話題の占師であり作家のしいたけ.さんが読者からの相談に回答。しいたけ.さんの独特な語り口でアドバイスをお届けします。

【絵でわかる】しいたけ.流“タイプ別トラブル回避法”

*  *  *
Q:友達と付き合うときに、私が仲良くしたいと思っている深度と相手の深度が合わず、よくトラブルになります。どうしたら人と仲良く楽しく過ごせるのでしょうか。(女性/大学生/21歳/しし座)

A:これは星座的な話でお答えしたいと思います。

 しし座と、おとめ座にも共通しているのですが、この方々は相手の緊張感を感知しやすい一面があります。

 友達関係や家族関係で「あれ? 何かあった?」とわかることがありますよね。ちょっと顔色が悪かったり、すっきりしていない顔をしているとき、しし座とおとめ座の人は、真っ先に気づきます。

 でもそういうときって相手にしてみたら声をかけられてありがたいときと、あんまり声をかけられたくないときがあるような気がして。

 しし座とおとめ座は「どうしたの? 何かあったら言ってよ」と、相手がまだそのタイミングじゃないときにバーンと入っていっちゃう傾向があって。それは、感知したものを放っておくと、自分が不安になってしまうからなんですが。

 でも、そうやって首を突っ込みすぎたことが原因で、トラブルになるケースもあるのかもしれません。

 しし座はとてもパワフルな人たちだから、人のテリトリーの中に入っていって、そのやり方を変えてしまう可能性があるんですね。

 その人は本当は壁を緑色にしたいと思っているのに、「これは赤のほうがいいでしょう」と言い切っちゃったりする。パワフルな人にそう言われると、言われたほうはつい、そうしなきゃいけないような気がしてしまうのです。

 では、どうしたらいいか。

 感知したときに「何かあったの?」と聞くことを我慢する必要はありません。それを我慢すると、ノイローゼ気味になってしまう可能性があるから。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい