自分も夫も子も発達障害を持つ苦しみ 「困っている」をどこに相談すればいいのか

発達障害

2020/04/08 11:30

 子どもの受診をきっかけに、親自身も発達障害だとわかるケースが増えている。発達障害は、先天的な脳の機能の発達のアンバランスが原因で、得意なことと苦手なことの凹凸が激しい。「『困っている』と言えないことが一番つらい」と当事者は言う。AERA2020年4月13日号から。

あわせて読みたい

  • 医師から見た「発達障害」のリアル 7割超が「診断基準の精度」、5割が「過剰診断」を懸念 

    医師から見た「発達障害」のリアル 7割超が「診断基準の精度」、5割が「過剰診断」を懸念 

    AERA

    6/24

    中学生監禁事件の背景に「脆弱な支援」と「親心」 発達障害の子を持つ親の養育ストレス

    中学生監禁事件の背景に「脆弱な支援」と「親心」 発達障害の子を持つ親の養育ストレス

    AERA

    10/2

  • 「妻として母として私は不良品」から「励まし合ってほめる」へ  発達障害を持つ女性たちの転換点

    「妻として母として私は不良品」から「励まし合ってほめる」へ 発達障害を持つ女性たちの転換点

    AERA

    4/9

    発達障害は親子での受診も大事

    発達障害は親子での受診も大事

    週刊朝日

    7/9

  • 「発達障害」と「依存症」の密接な関係…専門医が解説

    「発達障害」と「依存症」の密接な関係…専門医が解説

    週刊朝日

    11/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す