「俺もなかなか大人になれねえな」 世におもねらない歴史学者・本郷和人<現代の肖像> (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「俺もなかなか大人になれねえな」 世におもねらない歴史学者・本郷和人<現代の肖像>

このエントリーをはてなブックマークに追加
高瀬毅AERA#現代の肖像
古文書を収蔵した東京大学の書庫。「きょうは、ツラ(顔)の調子もいいですよ」と冗談をとばした/倉田貴志撮影

古文書を収蔵した東京大学の書庫。「きょうは、ツラ(顔)の調子もいいですよ」と冗談をとばした/倉田貴志撮影

毎月2回、東大(東京・本郷)の近くで開く「古文書研究会」。古文書愛好家十数人と中世の記録を丹念に読む。「ここは上下関係がないからとても楽しい」/倉田貴志撮影

毎月2回、東大(東京・本郷)の近くで開く「古文書研究会」。古文書愛好家十数人と中世の記録を丹念に読む。「ここは上下関係がないからとても楽しい」/倉田貴志撮影

 豊富な知識と、語り口の上手さで、歴史番組の解説役としても人気の本郷和人さん。笑いを取りつつも、研究者としての信念はかたい。たとえ世間の潮流に逆らっても、自分の研究に基づいて語る。歴史を知れば現代の価値が分かる。しかし、国立大学の中世史研究がなくなると危機感を抱くほど、若者の歴史への興味が薄れている。

【「古文書研究会」の様子はこちら】

 今年1月16日。歴史学者の本郷和人(59)は、自民党の勉強会「まなびと夜間塾」に講師として招かれた。開口一番、こう切り出した。

「最初に懺悔をいたします。私、令和という素晴らしい元号にミソをつけまして、大炎上をいたしました」

 会場から笑いが起きた。同党中央政治大学院主催の開講記念講座。テーマは「日本史のツボ」。本郷の著書の一つと同名のタイトルだった。

 テレビの歴史番組の解説役としてしばしば登場する。まるっこい体躯。どことなく愛嬌のある語り口に親しみを覚える視聴者も多い。出演する「BSフジ」の歴史バラエティー「この歴史、おいくら?」のチーフプロデューサー・柴田多美子は、「声のトーン、喋りの間、聞きやすさ、抑揚など、とても上手い」と評価する。2012年放送のNHKの大河ドラマ「平清盛」では時代考証を担当した。歴史関連著作は30冊近い。監修者として関わる『東大教授がおしえる やばい日本史』は累計発行部数30万部に上る。その本郷の名前をさらに広く知らしめたのが「令和」騒動だった。

 昨年4月1日に発表された新元号「令和」。テレビでは様々なコメンテーターや識者らが褒めそやした。翌2日、テレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」に出演した本郷は、祝賀一色のムードに異を唱えた。

「『令』は上から下に何か命令をするときに使う字。安倍首相は、国民一人ひとりが自発的に活躍していこうという想いを込めたとおっしゃるが、その趣旨にはそぐわないのではないか」。論語の口先が上手く心がないことを表す「巧言令色鮮し仁」の「令」であり、ひっかかるとも話した。放送後、ネットでは本郷の発言への批判が渦巻いた。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい