【ペットの防災】災害時、究極の「飼い主力」が愛犬・愛猫の命を守る (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ペットの防災】災害時、究極の「飼い主力」が愛犬・愛猫の命を守る

このエントリーをはてなブックマークに追加
浅野裕見子AERA#ねこ
2019年台風19号 ペット同行避難に関する動向調査から(日時:19年11月3日 対象:世田谷区どうぶつフェスティバル来場者 総回答数:162件 実施:NPO法人アナイス) 資料提供/NPO法人アナイス

2019年台風19号 ペット同行避難に関する動向調査から(日時:19年11月3日 対象:世田谷区どうぶつフェスティバル来場者 総回答数:162件 実施:NPO法人アナイス) 資料提供/NPO法人アナイス

避難所ではケージ飼育が基本。中にトイレや猫が寝られる広さがほしい。普段使っているキャリーに加えて、折りたためるケージを用意しよう

避難所ではケージ飼育が基本。中にトイレや猫が寝られる広さがほしい。普段使っているキャリーに加えて、折りたためるケージを用意しよう

「事前に想定して判断し、お金を払い、協力者を得て行動に移す。もしも自治体の支援を受けられない場合、愛猫はどうすれば守ることができるのか。もう一度、防災について考えてみてください」

(ライター・浅野裕見子)

AERA臨時増刊「NyAERA2020」では、ペットのための「防災の手引き」や「防災用品持ち出し用チェックリスト」も収録しています。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい