「個」を尊重し「ともに戦う」 柔道代表を強くした井上康生監督の「選手第一」視点

2020東京五輪

2020/03/06 11:30

 東京五輪の柔道日本代表発表の場で涙を見せた井上康生監督。これまで選手たちが力を最大限発揮できるように「選手第一」の視点を重視してきた。選手たちからの信頼は厚い。AERA2020年3月9日号で掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 男子柔道の井上康生監督 選手に対する謝罪と涙に大きな反響「政治家は見習ってほしい」

    男子柔道の井上康生監督 選手に対する謝罪と涙に大きな反響「政治家は見習ってほしい」

    dot.

    7/29

    柔道ファンは礼儀正しい? 日本が男女混合団体で金逃すも、SNSでは労いの声目立つ

    柔道ファンは礼儀正しい? 日本が男女混合団体で金逃すも、SNSでは労いの声目立つ

    dot.

    7/31

  • ウルフ・アロン「愚直にここまでやってきたよかった」柔道男子100キロ級で日本勢21年ぶり「金」【一問一答】

    ウルフ・アロン「愚直にここまでやってきたよかった」柔道男子100キロ級で日本勢21年ぶり「金」【一問一答】

    AERA

    7/29

    井上康生監督の涙の裏に「代表再建に情熱注いだ8年間」進化する日本柔道

    井上康生監督の涙の裏に「代表再建に情熱注いだ8年間」進化する日本柔道

    AERA

    3/5

  • 井上康生、稲葉篤紀、トム・ホーバス…五輪を勝ち抜いた名指揮官の共通点

    井上康生、稲葉篤紀、トム・ホーバス…五輪を勝ち抜いた名指揮官の共通点

    dot.

    8/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す