保活の“ミスマッチ”に斬新アイデア 明石市が「パークアンドライド」導入

出産と子育て

2020/03/01 07:00

 例年、多くの親たちを悩ませている保活。厚生労働省は、今年の待機児童数は過去最少だったと発表しているが、それでも希望した保育園に入れない保活の“ミスマッチ”は後を絶たない。しかし一方で、こうした状況を変えるべく策を講じている自治体もある。AERA 2020年3月2日号では、保育園をめぐる問題や、自治体の取り組みを取材した。

あわせて読みたい

  • 保育園落ちても質は落とさせない 国の緊急対策では解決しない

    保育園落ちても質は落とさせない 国の緊急対策では解決しない

    AERA

    4/13

    日本のアナログ保活は時代遅れ  自治体は手作業で入力、トリプルチェック

    日本のアナログ保活は時代遅れ 自治体は手作業で入力、トリプルチェック

    dot.

    11/14

  • 「悪条件の園に預けてまで職場復帰したくない」 受け皿が増えても保活がラクにならない理由

    「悪条件の園に預けてまで職場復帰したくない」 受け皿が増えても保活がラクにならない理由

    AERA

    12/22

    質より量の保育園拡充「給食も間に合わない」惨状

    質より量の保育園拡充「給食も間に合わない」惨状

    AERA

    8/18

  • 都内で“入園決定率”が改善した区は? 保活の最新事情

    都内で“入園決定率”が改善した区は? 保活の最新事情

    AERA

    10/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す