「文章を書くのは掃除に似ている」 人気の占師しいたけ.さんが教える「文章術」とは (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「文章を書くのは掃除に似ている」 人気の占師しいたけ.さんが教える「文章術」とは

連載「午後3時のしいたけ.相談室」

このエントリーをはてなブックマークに追加
しいたけ.AERA#しいたけ.
しいたけ./占師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。哲学を研究しながら、占いを学問として勉強。「VOGUE GIRL」での連載「WEEKLY! しいたけ占い」でも人気

しいたけ./占師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。哲学を研究しながら、占いを学問として勉強。「VOGUE GIRL」での連載「WEEKLY! しいたけ占い」でも人気

※写真はイメージ(gettyimages)

※写真はイメージ(gettyimages)

 AERAの連載「午後3時のしいたけ.相談室」では、話題の占師であり作家のしいたけ.さんが読者からの相談に回答。しいたけ.さんの独特な語り口でアドバイスをお届けします。

【絵でわかる】しいたけ.流“タイプ別トラブル回避法”

*  *  *
Q:文章を書くのが遅くて困っています。SNSの投稿やメールの返信も、ものすごく遅く、2、3行書くのに数時間おいたり、長文になれば何日もかかったり。これを書いたらこの人はこう思うだろうかとか、あの人も見てるしとか、余計なことを考えてしまいます。どうしたら速く書けるでしょうか。(女性/ヨガ講師/39歳/ふたご座)

A:ライティングについて技術的なことは、たくさんあると思うんですが、僕の感覚では、文章を書くのは掃除するのと似ているなと思います。例えば部屋を大掃除するとき。つい昔のアルバムとか、雑誌とか、見ちゃうじゃないですか。気が散ってしまう。

 いただいたご相談は、文章を書くのが遅いというお悩みですが、自由に書けないという悩みを持つ人も多いのではないかと思います。

 それはやっぱり、学校や会社で「誰かに提出しなければいけない文章」を書かされることが多かったから。読書感想文とかも含めて、そこには「誰かに気に入られなければいけない」という呪いがあるような気がするのです。

 文章が長くなりすぎてしまう場合も、「すべての人を納得させなければいけない」と、いろんな人が気になってしまうのでしょう。それで気が散ってしまう。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい