色の終わりはどこ?色のない世界ってある? 小学生の「色」についての議論が深すぎた (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

色の終わりはどこ?色のない世界ってある? 小学生の「色」についての議論が深すぎた

連載「探究堂日記」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田洋文AERA#AERAオンライン限定#子育て
子どもたちが「色」について持っているイメージは様々

子どもたちが「色」について持っているイメージは様々

鮮やかな色彩で読者を魅了するエリック・カールの絵本

鮮やかな色彩で読者を魅了するエリック・カールの絵本

 たくらみ中学年(小学3・4年生)クラスが今年度最後に取り組むテーマは「色」です。

「色は想像力を膨らませる」を合言葉に、色の魔法使いとして紙芝居づくりに挑みます。

「ああ、今度こそは外に出かけるプロジェクトやと思ったのに……」

 今回のミッションを知り、冬の寒さなどものともしない元気っ子のKくんははじめちょっと残念そうな様子を見せました。

【写真】鮮やかな色彩が美しい!読者を魅了する絵本はこちら

「もしかして、発表会ではその紙芝居を朗読すんの?」

 私への質問に「もちろんそうやで」と返事をすると、先程とは一転して彼は少しニヤリとした表情を浮かべます。これまでにない試みだけに、好奇心旺盛な彼の心をくすぐったのかもしれません。

 いつも通りテーマに関する生徒たちの既有知識を確認するところからプロジェクトはスタートします。

「紫って昔は高級品に使われてたんやって。お母さんが言ってた」

「えっ、ほんまに!?なんか毒っぽい色のような気がするけどなあ」

 この発言を皮切りに、まずは具体的な色に関する意見が次々と出てきました。

「赤は元気な感じがする!」

「僕やったら、太陽とか血を思い浮かべるわ」

「暑い日を表すのにも使うよね」

「あと、照れたら顔が赤くなるとか(笑)」

「怒っている印象もあるなあ。だって、チコちゃんがよく顔を真っ赤にしてるもん」

 赤色一つとっても、様々なイメージが存在することが改めてわかります。

「赤」に続いて「青」や「黄」と連想を繰り広げるなかで、不意に「金」に着目した発言が飛び出します。

「金色の折り紙はもったいなくて使えない!」

 これには子どもたちだけでなく、私も大ウケです。世代を超えて共感できるあるあるネタと言えるでしょう。

「建物にも色が塗られてるで」

「マンションだと灰色とか茶色とか薄い黄土色みたいなのが多いと思う」

「そう言えば、赤とか派手すぎる色はほとんど見たことないわ」

「もしかしたら、(建物に)どんな色を使ってよいか決まりがあるんかな?」

 私たちの生活においてどのように色が用いられているか。素朴な疑問を出し合うなかで、彼らの視野が少しずつ広がっていくのを感じます。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい