先天性風疹症候群で心疾患、難聴、白内障 「防ぐ方法はわかっているのに」30代女性のジレンマ

ヘルス

2020/01/19 17:00

 麻疹や風疹、百日咳は、ワクチン接種でほぼ確実に予防できる感染症だ。にもかかわらず、母親が妊娠中に罹患することにより子どもに障害が残ったり、乳児が感染して生命の危険に晒されたりする事例がある。AERA 2020年1月20日号から。

あわせて読みたい

  • 風疹患者が首都圏で急増 医師が要注意と促す30~50代男性「ワクチン未接種」世代とは?

    風疹患者が首都圏で急増 医師が要注意と促す30~50代男性「ワクチン未接種」世代とは?

    dot.

    9/12

    「ワクチンさえ接種していれば…」「誰にも同じ思いはしてほしくない」母親が語る後悔

    「ワクチンさえ接種していれば…」「誰にも同じ思いはしてほしくない」母親が語る後悔

    AERA

    1/20

  • 先天性風疹症候群の拡大も懸念 感染が広がる風疹の恐怖

    先天性風疹症候群の拡大も懸念 感染が広がる風疹の恐怖

    週刊朝日

    7/12

    5人に1人は免疫がない 風疹患者の多くは「予防接種空白期」の30代から50代の男性

    5人に1人は免疫がない 風疹患者の多くは「予防接種空白期」の30代から50代の男性

    AERA

    10/20

  • 患者数2300人を超えた風疹 予防接種が「不可欠」であるこれだけの理由
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    患者数2300人を超えた風疹 予防接種が「不可欠」であるこれだけの理由

    dot.

    12/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す