親のネガティブワード検知で見守りも “デジタル親孝行”を記者が実践

シニア

2020/01/02 11:30

 今や見守り機能があるデバイスにあふれている。最近のキーワードは、プライバシーを侵害しない「ゆるーい見守り」だ。AERA 2019年12月30日-2020年1月6日合併号では、記者が実家に見守りデバイスを導入し、デジタル親孝行を実践した。

あわせて読みたい

  • 木村拓哉さんがAERA表紙に登場!蜷川実花さん撮り下ろし 人気漫画「あたしンち」の連載も開始!

    木村拓哉さんがAERA表紙に登場!蜷川実花さん撮り下ろし 人気漫画「あたしンち」の連載も開始!

    12/20

    アバターで実家に訪問? 近未来の親とのコミュニケーションはこう変わる!

    アバターで実家に訪問? 近未来の親とのコミュニケーションはこう変わる!

    AERA

    12/25

  • 「ゆるーい見守り」で実家のテレビに“孫専用チャンネル” 電話やLINEより優れた効果

    「ゆるーい見守り」で実家のテレビに“孫専用チャンネル” 電話やLINEより優れた効果

    AERA

    1/2

    見守りカメラのぞき見に詐欺メール…子どもがすべき親世代のリスク管理

    見守りカメラのぞき見に詐欺メール…子どもがすべき親世代のリスク管理

    AERA

    1/6

  • Wi‐Fiルーターの窓際設置はなぜ危険? 親世代のデジタル化でリスクも

    Wi‐Fiルーターの窓際設置はなぜ危険? 親世代のデジタル化でリスクも

    AERA

    1/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す