<現代の肖像>のん 好きなことに迷わず突っ走る

現代の肖像

2019/12/18 12:25

 12月20日から公開される映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」で声を務めた主人公北條すず役は、のんさんの役者人生において大事な存在になったという。俳優としてだけでなく「創作あーちすと」として、絵や服作り、音楽など、自分の好きなことに邁進する。いつも「のん」であることを大事に生きてきた。AERA 2019年12月23日号に掲載された「現代の肖像」から一部紹介する。

あわせて読みたい

  • 女優のんの歌声をスクリーンで 個性派ベテラン俳優と昭和歌謡に彩られた上質な喜劇

    女優のんの歌声をスクリーンで 個性派ベテラン俳優と昭和歌謡に彩られた上質な喜劇

    AERA

    2/23

    のん(能年玲奈)、映画「この世界の片隅に」舞台あいさつで“不思議ちゃん発言”

    のん(能年玲奈)、映画「この世界の片隅に」舞台あいさつで“不思議ちゃん発言”

    dot.

    11/12

  • のん、「自分だから」できること見つけよう 「#みんなの部屋充」に込めた思い

    のん、「自分だから」できること見つけよう 「#みんなの部屋充」に込めた思い

    AERA

    5/12

    のん『この世界の片隅に』でアニメ映画初主演、広島弁のアフレコ「頑張ってしゃべりました。」

    のん『この世界の片隅に』でアニメ映画初主演、広島弁のアフレコ「頑張ってしゃべりました。」

    Billboard JAPAN

    8/24

  • 「この世界の片隅に」の舞台をたどる 広島電鉄・広島駅・呉線・呉駅

    「この世界の片隅に」の舞台をたどる 広島電鉄・広島駅・呉線・呉駅

    dot.

    6/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す