「忍たま乱太郎」の原作が連載33年の歴史に幕 女性ファンが尼崎で聖地巡礼も

2019/12/04 17:00

 1986年から「朝日小学生新聞」に掲載されてきた歴史ギャグ漫画「落第忍者乱太郎」が最終巻を迎えた。アニメ、ミュージカル、映画へと広がった作品の根底にあるのは、シンプルでまっすぐな人間関係だという。AERA 2019年12月9日号では同作品の連載終了に対するファンや関係者の思いを紹介する。

あわせて読みたい

  • シリーズ940万部、最終65巻も即重版 「落第忍者乱太郎」が愛される理由

    シリーズ940万部、最終65巻も即重版 「落第忍者乱太郎」が愛される理由

    週刊朝日

    12/17

    乱太郎30周年、人気の裏にある意外な努力とは? 「子ども相手だからこそ手を抜けない」

    乱太郎30周年、人気の裏にある意外な努力とは? 「子ども相手だからこそ手を抜けない」

    dot.

    11/3

  • 「誰かが絶対前を向かせてくれる」 声優高山みなみさんが語り尽くす「忍たま乱太郎」の魅力

    「誰かが絶対前を向かせてくれる」 声優高山みなみさんが語り尽くす「忍たま乱太郎」の魅力

    週刊朝日

    12/17

    NHK Eテレ 放送開始30年目に突入!「忍たま乱太郎」なりきりウェア5月20日販売開始

    NHK Eテレ 放送開始30年目に突入!「忍たま乱太郎」なりきりウェア5月20日販売開始

    PR TIMES

    5/18

  • 人生は「まさか」の連続 忍たま乱太郎の原作、最初は3カ月だけの予定だった

    人生は「まさか」の連続 忍たま乱太郎の原作、最初は3カ月だけの予定だった

    AERA

    12/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す