<現代の肖像>村上絢 子どもと母親が生きやすい社会へ投資を (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<現代の肖像>村上絢 子どもと母親が生きやすい社会へ投資を

このエントリーをはてなブックマークに追加
中原一歩AERA
投資家として市場の動きに目を凝らしながら、2児の母としてシンガポールを拠点に子育てに奮闘中/今祥雄撮影

投資家として市場の動きに目を凝らしながら、2児の母としてシンガポールを拠点に子育てに奮闘中/今祥雄撮影

1年のうち日本に帰るのは数回。今は仕事以外の時間は子育てをしているが、楽しくて仕方がない/今祥雄撮影

1年のうち日本に帰るのは数回。今は仕事以外の時間は子育てをしているが、楽しくて仕方がない/今祥雄撮影

 投資家であり、村上財団代表理事の村上絢さん。父は「村上ファンド」で名前を知られた村上世彰さんだ。普段はシンガポールで暮らし、子育てをしながら投資家としての仕事をこなす。同時に、ソーシャル・ビジネスへの支援も欠かさない。絢さんが社会貢献の道を選んだのは、ある悲しい出来事を経験したからだった。AERA 2019年11月11日号に掲載された「現代の肖像」から一部紹介する。

【写真】仕事に育児に奔走する村上さん

 アジアの経済の雄・シンガポール。この国に生活の拠点を置く投資家・村上絢(31)の朝は早い。毎朝起床は6時。お弁当を作り、2人の子どもたちを幼稚園に送り出す。一息つけるのが7時。ここから部屋に移動してニュースやメールのチェックをする。絢が手がけるのは9割、日本株だ。時差の関係で、日本のマーケットが開く午前9時は、シンガポールの午前8時。そこからマーケットが開いている間、絢はパソコンの前を離れない。昼食もデリバリーで済ますことが多い。投資家の日常は意外と地味なのだ。

「全盛期の父は、企業の株を買って、買って、買いまくることをしなければ経営者に、健全な経営を促すことができない時代でした。けれども、今ではガバナンスの遵守は当たり前です。ただ、変わりたいけれども変わる手法が分からないというのが経営者の本音。変革したいけれども、自らの力では変革できない割安の会社を見つけて投資するのが私の流儀です」

 この父というのが、かつて「村上ファンド」の名で日本社会を席巻した村上世彰(60)だ。大株主となった企業に対し厳しい態度で経営の変革を迫る「物言う株主」として恐れられた。しかし、2006年、世彰はインサイダー情報を元にニッポン放送株を買い増した証券取引法違反の罪で東京地検特捜部に逮捕、起訴される。そして11年、最高裁で懲役2年、執行猶予3年の有罪判決が確定する。世彰は活動の拠点をシンガポールに移し、その後の動向はしばらく謎めいていた。現在は投資家から資金を預かり運用するファンドマネジャー業からは一切手を引き、個人投資家として活動している。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい