若者に「住まいの貧困」が急増中 家をなくす背景には何が…

2019/10/28 11:30

 安心して暮らせる「家」をなくす若者が増えている。だが、日本の住宅支援は大きく立ち遅れているのが現状だ。AERA 2019年10月28日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 漫画喫茶で一人で出産…漂流する妊婦も 「住まいの貧困」対策が急務

    漫画喫茶で一人で出産…漂流する妊婦も 「住まいの貧困」対策が急務

    AERA

    10/28

    生活困窮者の住まいに「空き家」活用 “事故物件”を危惧し増えぬ現状も

    生活困窮者の住まいに「空き家」活用 “事故物件”を危惧し増えぬ現状も

    週刊朝日

    6/21

  • 下流老人になるのは一般論信者 必要なのはお金より◯◯

    下流老人になるのは一般論信者 必要なのはお金より◯◯

    週刊朝日

    6/26

    新型コロナで増える「住居喪失」 給付金申請の大幅増で相談員がバーンアウトする理由

    新型コロナで増える「住居喪失」 給付金申請の大幅増で相談員がバーンアウトする理由

    AERA

    10/18

  • 貧困と地域

    貧困と地域

    週刊朝日

    5/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す