慶應は職員が資産運用、早稲田は校友が汗をかく? 早慶の経営事情

2019/10/23 08:00

 大学は資産運用の強化や学生確保など多くの課題に追われている。それらを支える存在として、職員の奮闘や卒業生の協力が欠かせない。AERA 2019年10月21日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 群れない早稲田は過去の話 ライバル三田会に挑む稲門会

    群れない早稲田は過去の話 ライバル三田会に挑む稲門会

    週刊朝日

    1/18

    静かに動き出した「早稲田稲門会」 “医学部設置”への布石?

    静かに動き出した「早稲田稲門会」 “医学部設置”への布石?

    週刊朝日

    12/20

  • 対照的な早慶の経営 資産運用に乗り出す早稲田 慶應は「社中協力」で寄附金集め

    対照的な早慶の経営 資産運用に乗り出す早稲田 慶應は「社中協力」で寄附金集め

    AERA

    10/23

    健全性は早稲田、成長性は慶應 初の本格的財務分析で見えた「真の実力」

    健全性は早稲田、成長性は慶應 初の本格的財務分析で見えた「真の実力」

    AERA

    9/11

  • 早大医学部の実現度 期待される“合併相手”とは

    早大医学部の実現度 期待される“合併相手”とは

    週刊朝日

    1/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す