大学院生の研究費は「年間1千万円」 山中伸弥所長が研究の現実語る

2019/10/17 11:30

 今年のノーベル賞が発表された。研究者の育成に力を入れる早稲田大学の田中愛治総長と2012年にノーベル賞を受賞した京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長が、大学の研究力や競争原理の功罪、人材育成の課題などについて語り合った。AERA 2019年10月21日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 山中伸弥所長、研究の道に進んだのは「手術の才能がないと感じ…」

    山中伸弥所長、研究の道に進んだのは「手術の才能がないと感じ…」

    AERA

    10/17

    稲盛和夫×山中伸弥特別対談「神の領域 夢と苦悩」iPS治療 世界初の実施

    稲盛和夫×山中伸弥特別対談「神の領域 夢と苦悩」iPS治療 世界初の実施

    週刊朝日

    9/25

  • ノーベル賞・山中教授 iPS論文不正でも「かえって信頼高まる」

    ノーベル賞・山中教授 iPS論文不正でも「かえって信頼高まる」

    AERA

    1/31

    受賞分野に予算を集中させない

    受賞分野に予算を集中させない

    AERA

    10/12

  • iPS細胞の応用で美を叶える女性 老化の痕跡「消去」も

    iPS細胞の応用で美を叶える女性 老化の痕跡「消去」も

    AERA

    5/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す