16歳の活動家の“正論”への中傷に上野千鶴子が「文句を言うなら国連へ」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

16歳の活動家の“正論”への中傷に上野千鶴子が「文句を言うなら国連へ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
溝呂木佐季AERA
今年4月、東大の入学式で「社会にはあからさまな性差別が横行している。東京大も残念ながら、例外ではない」などと祝辞を述べた上野千鶴子さん。トゥンベリさんへの批判や揶揄は「女性、子どもの声を『無力化』『無効化』する対抗メッセージだ」と指摘する(撮影/写真部・片山菜緒子)

今年4月、東大の入学式で「社会にはあからさまな性差別が横行している。東京大も残念ながら、例外ではない」などと祝辞を述べた上野千鶴子さん。トゥンベリさんへの批判や揶揄は「女性、子どもの声を『無力化』『無効化』する対抗メッセージだ」と指摘する(撮影/写真部・片山菜緒子)

 16歳の環境活動家・グレタ・トゥンベリさんの活動が注目されている。昨年8月に1人ストックホルムの議会前に座り込む「気候のための学校ストライキ」を行い、その活動などがSNSで拡散。大きな注目を浴び、9月に米国で開かれた国連気候行動サミットでは演説も行った。しかし周囲からはそんな彼女を攻撃する声もあがっている。東大名誉教授の上野千鶴子さんは、そうした中傷を痛烈に批判する。AERA 2019年10月14日号に掲載された記事を紹介する。

【写真】「若者たちはあなたたちの裏切り行為に気づき始めている」と力強くスピーチしたグレタ・トゥンベリさん

*  *  *
 トゥンベリさんをめぐっては、「大人に操られている」と勘ぐる発言もやまない。

「この運動の裏に誰がいるのかを知っている。治安当局から報告があった」と発言したベルギーに4人いる環境大臣の1人は、辞任。すぐに治安当局も否定している。

 これに対し、上野さんは「16歳といえば前近代では元服している年齢。判断力のあるりっぱな大人です」と話す。

「『大人が利用した』といえば、彼女を招いた国連が彼女を『利用した』のです。国連は核兵器禁止条約の協議の場に被爆者のサーロー節子さんを招くなど、当事者を上手に利用しています。国連外交の戦略の勝利というべきでしょう。文句を言うなら国連へ」

 トゥンベリさんはアスペルガー症候群、強迫性障害、場面緘黙(かんもく)症の診断を受けているとも公表している。これが、彼女をあげつらう人を勢いづかせる。

「精神的に病んでいる」

 米国のコメンテーターはテレビで何度も言い放った(後にテレビ局が謝罪)。高須克弥医師は「対人恐怖症と妄想が同居している」とツイートした。

 トゥンベリさんは、必要だと思うときしか話さない、という。嘘をつくのは上手でない。白か黒か。だから、生存を脅かす気候変動に対して何もしない大人たちに納得できず、うつ状態になった。人付き合いがあまり得意ではなかったから、既存の団体に入るのではなく、1人でストライキを始めた。

「『何もしない』ことが、どんな行動よりメッセージをよく伝えることがある。ささやきが叫び声より、響きわたるように」
「アスペルガー症候群は病気ではありません。才能です」

 フェイスブックにそう書く。

 それでも、トゥンベリさんのメッセージを受け止めず、論点をずらす人たち。上野さんは指摘する。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい