16歳の活動家の“正論”への中傷に上野千鶴子が「文句を言うなら国連へ」

2019/10/07 17:00

 16歳の環境活動家・グレタ・トゥンベリさんの活動が注目されている。昨年8月に1人ストックホルムの議会前に座り込む「気候のための学校ストライキ」を行い、その活動などがSNSで拡散。大きな注目を浴び、9月に米国で開かれた国連気候行動サミットでは演説も行った。しかし周囲からはそんな彼女を攻撃する声もあがっている。東大名誉教授の上野千鶴子さんは、そうした中傷を痛烈に批判する。AERA 2019年10月14日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 東大祝辞・上野千鶴子インタビュー 「当たり前のことを言っただけ」

    東大祝辞・上野千鶴子インタビュー 「当たり前のことを言っただけ」

    AERA

    4/22

    「パワハラかと思うほど」厳しい上野千鶴子の指導

    「パワハラかと思うほど」厳しい上野千鶴子の指導

    AERA

    10/10

  • 「已む」読めなかった? 安倍首相が歴史的儀式で驚きの大失言

    「已む」読めなかった? 安倍首相が歴史的儀式で驚きの大失言

    AERA

    5/15

    日本から「品性ない」発言も…16歳の環境活動家めぐる中傷の声

    日本から「品性ない」発言も…16歳の環境活動家めぐる中傷の声

    AERA

    10/7

  • 日本の10代とグレタ・トゥンベリの違いは? ドン小西が指摘

    日本の10代とグレタ・トゥンベリの違いは? ドン小西が指摘

    週刊朝日

    10/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す