田村優「10日間ぐらい眠れなかった」 苦しんだラグビーW杯開幕戦のプレッシャー (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田村優「10日間ぐらい眠れなかった」 苦しんだラグビーW杯開幕戦のプレッシャー

このエントリーをはてなブックマークに追加
開幕戦はプレッシャーとの戦いだった(撮影/写真部・東川哲也)

開幕戦はプレッシャーとの戦いだった(撮影/写真部・東川哲也)

「僕が前に出ることによってかなりチームが勢いづくだろうなと思ってましたし、かなりイメージして思い切ってやりました」

 後半20分には、SHにW杯3大会連続出場の田中史朗、LO(ロック)に同4大会連続出場のトンプソン ルークを投入。田中はすぐにディフェンスの好プレーで相手ミスを誘うなど、ベテラン勢の落ち着いた好プレーで流れを引き寄せた。

 ジョセフ・ヘッドコーチは試合後、「4年間の集大成のオープニングゲームということで、多くのプレッシャーを感じていたが、30点を奪うことができた」とほっとした様子。ベンチ入りメンバー全員が出場し、重圧の中で手にした勝利を自信に、次は強豪・アイルランドに挑む。(編集部・深澤友紀)

※AERAオンライン限定記事


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい