竹増貞信「オーナーほっとライン 社内外に設けました」<コンビニ百里の道をゆく> 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

竹増貞信「オーナーほっとライン 社内外に設けました」<コンビニ百里の道をゆく>

連載「コンビニ百里の道をゆく」

このエントリーをはてなブックマークに追加
竹増貞信AERA#竹増貞信
竹増貞信(たけます・さだのぶ)/1969年、大阪府生まれ。大阪大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。2014年にローソン副社長に就任。16年6月から代表取締役社長

竹増貞信(たけます・さだのぶ)/1969年、大阪府生まれ。大阪大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。2014年にローソン副社長に就任。16年6月から代表取締役社長

全国のオーナーのみなさんと顔を合わせる会議は、率直なご意見もいただく大事な場です 

全国のオーナーのみなさんと顔を合わせる会議は、率直なご意見もいただく大事な場です 

「コンビニ百里の道をゆく」は、49歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。

*  *  *
「加盟店オーナーはみんな孤独、ただし孤立しないのがローソンの良いところ。これからもここだけは守っていこう」と以前、オーナーの方から言われたことを、この連載で述べました。

 ローソンでは、加盟店オーナーのみなさんと本部がさまざまな場で意見交換をし、現場で起きている課題に一緒に向き合い、共に成長することを目指してきました。そうした積み重ねが、「孤立しない」ということにつながってきたのだと思います。オーナーみなさんとのフラットな距離感こそ、ローソンの財産だと自負もしていました。

 ただ最近、オーナーの方が第三者機関にご相談するというケースがありました。時代とともに現場も変化し、従来のやり方では、うまく回らないことも出てきている。そして気づかぬところで孤立しているオーナーの方がいらっしゃる。勝手に自負し、本部が至らないばかりにオーナーさんを不安にしてしまった結果と真摯に受け止め、そこに思い至らなかったことを本当に反省しています。

 そこで、これまで設けてきた相談窓口に加え、新たに「ローソンオーナーほっとライン」を7月に設置しました。社内と社外に窓口を設け、社外窓口は弁護士事務所の方に対応していただいています。気兼ねなく、自由に思いを伝えられる仕組みになればいいと考えています。もちろん、個人情報も守られます。

 社内、社外ともに、すでに電話がかかってきています。こういった窓口に初めて連絡したという方もいらして、今後も利用が進めばと思っています。受け付ける相談内容は、店舗経営に関することすべてです。

 コンビニは現場がすべて。今後も慢心することなく、加盟店のみなさんとコミュニケーションを密にし、変化し続けることで、良いお店づくりを目指していきます。

AERA 2019年8月12-19日合併号


トップにもどる AERA記事一覧

竹増貞信

竹増貞信(たけます・さだのぶ)/1969年、大阪府生まれ。大阪大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。2014年にローソン副社長に就任。16年6月から代表取締役社長

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい