自民党内からも批判の声 安倍首相「フェアな精神」忘れトランプ流を貫く? (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

自民党内からも批判の声 安倍首相「フェアな精神」忘れトランプ流を貫く?

このエントリーをはてなブックマークに追加
中原一歩AERA#安倍政権
G20サミットのワーキングランチで言葉を交わす安倍晋三首相とトランプ米大統領 (c)朝日新聞社

G20サミットのワーキングランチで言葉を交わす安倍晋三首相とトランプ米大統領 (c)朝日新聞社

 敵を見つけて叩き、国民の愛国心を煽る。選挙のためとも思わざるを得ない韓国への強硬姿勢や、討論会での議論をはぐらかす安倍首相の姿が「安倍のトランプ化」と揶揄されている。野党のみならず自民党のベテラン議員からも「情けない」と批判の声が上がる。

*  *  *
 7月3日。日本記者クラブで参院選に向け主要7党の代表による党首討論会が開かれた。そこで「原発の新増設」「選択的夫婦別姓」がテーマになった。

 司会者が「原発の新増設を認めない方は挙手を」と7党首にたずねると、安倍首相だけが賛成の挙手をしなかった。続けて、司会者が「選択的夫婦別姓を認める方は挙手を」と続けると、今度も、安倍首相だけが賛成の挙手をしなかった。司会者がその真意を質すと、安倍首相はやや声を荒らげて言った。

「政策的な議論をしなければならない。政治はイエスかノーかではない」

「今の段階で答えられなくても直ちにノーではない。印象操作をするのはやめてほしい」

 一瞬、会場に白けた空気が広がった。選択的夫婦別姓の議論については、ネット討論会でも、立憲民主党の枝野幸男代表から聞かれ、安倍首相は、

「いわば夫婦別姓の問題ではなくて、しっかりと経済を成長させ、みんなが活躍できる社会を作っていくことではないか」

 と、質問をはぐらかした。司会者が「『選択的夫婦別姓はいらない』というご返答でよろしいでしょうか」と聞くと、

「いわば経済成長とは関わりがないというふうに考えています」

 と、明言を避けた。

 TBS「ニュース23」での党首討論では、司会を遮り持論を延々と語る場面もあった。

「選挙戦を前にちょっと刺激的な資料が出回っている」

 そう言って司会の小川彩佳キャスターが持ち出したのは、「フェイク情報が蝕むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識」という冊子。これは、自民党本部が参院選を前に党所属の国会議員に「演説用資料」として配布したものだ。野党の党首を醜く描いたイラストがずらりと並び、ネットに氾濫するデマ情報がオンパレードの内容だ。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい