27歳娘の死亡補償は35万円…海外での犯罪被害者への支援不足 父親が訴え

2019/06/29 17:00

 海外で犯罪やテロに巻き込まれた被害者や家族が十分な補償を受けられずにいる。グローバル化に伴い渡航者が増え続ける今、救済制度のあり方が問われている。ノンフィクションライターの水谷竹秀氏がリポートする。

あわせて読みたい

  • アルジェリアテロでも 派遣と正社員に格差

    アルジェリアテロでも 派遣と正社員に格差

    AERA

    2/18

    宇都宮健児弁護士「オウム事件被害者の心情はわかる それでも死刑は廃止すべき」

    宇都宮健児弁護士「オウム事件被害者の心情はわかる それでも死刑は廃止すべき」

    dot.

    7/6

  • 池袋暴走や京アニ事件で浮き彫りに 欧米から20年~40年遅れている日本の犯罪被害者支援

    池袋暴走や京アニ事件で浮き彫りに 欧米から20年~40年遅れている日本の犯罪被害者支援

    AERA

    4/19

    認知症の親が他人に損害与えたら…「国の救済制度が必要」と医師

    認知症の親が他人に損害与えたら…「国の救済制度が必要」と医師

    AERA

    3/15

  • 事件後「自殺考える」相談者が9割 結婚破談、進学諦める人も…加害者家族を待ち受ける残酷な現実

    事件後「自殺考える」相談者が9割 結婚破談、進学諦める人も…加害者家族を待ち受ける残酷な現実

    AERA

    12/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す