内田樹「移民政策、短期ではなく長期で『同胞』受け入れる制度を」

eyes 内田樹

2019/05/08 07:00

 哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。

あわせて読みたい

  • ウクライナの隣国“ポーランド”が「攻め込まれやすい国」である理由

    ウクライナの隣国“ポーランド”が「攻め込まれやすい国」である理由

    ダイヤモンド・オンライン

    3/23

    内田樹、政府の「移民政策は不要だという不思議な論法」に異論
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹、政府の「移民政策は不要だという不思議な論法」に異論

    AERA

    11/21

  • 労働不足解決の切り札 「1億総活躍」より「外国人現場監督」

    労働不足解決の切り札 「1億総活躍」より「外国人現場監督」

    AERA

    7/20

    6月号日本国際交流センター執行理事 チーフ・プログラム・オフィサー 毛受敏浩 Menju Toshihiro世界は、日本は人口減少で没落すると見ている

    6月号日本国際交流センター執行理事 チーフ・プログラム・オフィサー 毛受敏浩 Menju Toshihiro世界は、日本は人口減少で没落すると見ている

    6/15

  • 内田樹「多様性と包摂こそが人口減の社会を生き延びるための必須条件だ」」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「多様性と包摂こそが人口減の社会を生き延びるための必須条件だ」」

    AERA

    2/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す