フェリシティ・ジョーンズ新作映画で「不安の時代に希望を届けたい」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フェリシティ・ジョーンズ新作映画で「不安の時代に希望を届けたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
坂口さゆりAERA
Felicity Jones/1983年、英・バーミンガム生まれ。11歳で芸能活動をスタート。主な出演作に「インフェルノ」「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」など(撮影/写真部・大野洋介)

Felicity Jones/1983年、英・バーミンガム生まれ。11歳で芸能活動をスタート。主な出演作に「インフェルノ」「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」など(撮影/写真部・大野洋介)

「ビリーブ 未来への大逆転」/86歳で現役の米連邦最高裁判事を務めるルース・ギンズバーグの半生を描く。全国公開中 (c)2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

「ビリーブ 未来への大逆転」/86歳で現役の米連邦最高裁判事を務めるルース・ギンズバーグの半生を描く。全国公開中 (c)2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

「博士と彼女のセオリー」発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント、価格1429円+税/DVD発売中 (c)2014 Universal Studios. All Rights Reserved.

「博士と彼女のセオリー」発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント、価格1429円+税/DVD発売中 (c)2014 Universal Studios. All Rights Reserved.

 AERAで連載中の「いま観るシネマ」では、毎週、数多く公開されている映画の中から、いま観ておくべき作品の舞台裏を監督や演者に直接インタビューして紹介。「もう1本 おすすめDVD」では、あわせて観て欲しい1本をセレクトしています。

映画「ビリーブ 未来への大逆転」の場面写真はこちら

*  *  *
「私にとって一番のゴールは、この映画が正しく描かれているとルースが感じてくださること、映画を気に入ってくださることでした」

 と語るのは、俳優のフェリシティ・ジョーンズ(35)。「ビリーブ 未来への大逆転」で米連邦最高裁判事として今も現役で活躍するルース・ギンズバーグ(86)を演じた。女性が自分の名前でクレジットカードを作れなかった1970年代の米国で、100%負けるといわれた“男女平等裁判”に果敢に挑む姿を描く。

 自身のキャリアで幾度となく男女差別にぶつかっては乗り越え、米国の女性たちの「生きるアイコン」として尊敬されているルースだけに、

「彼女を演じることは、大変な努力を必要とすることは最初からわかっていたので、色々な側面から役にアプローチしていきました」

 とジョーンズ。カラーコンタクトやウィッグをつけたり、全ての歯にキャップをつけてスクリーンテストを繰り返しながら顔を作ったり。ルースの著作をたくさん読むことも彼女を深く知るためのリサーチの一部だったと言う。

「ルースは法律家であるだけでなく、素晴らしい物書きでもあります。言葉がどれほど人の気持ちを動かすか、言葉の力を知っているからこそ、言葉を精査して選んでいることがよくわかりました」

 また、実際にルースに何度か会い、一緒に時間を過ごすことで信頼を築き上げた。ワシントンの事務所や法廷、自宅も訪れ、あらゆるところで彼女の人となりを自身の血肉にしていった。

 今回ルースを演じたことで、「自分が信じていることを信じていいんだと思えるようになった。間違いなく物の見方が変わった」と言う。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい