沖縄には「力強い民意」がある 直木賞作家が見た基地問題の現状とは?

沖縄問題

2019/03/22 11:30

 直木賞受賞作『宝島』では史実を交え、米国統治下の沖縄を描いた。作家の真藤順丈さんは、2月の県民投票で示された民意を受け、さらに風を吹かせたいと意気込む。

あわせて読みたい

  • <現代の肖像>真藤順丈 直木賞受賞作『宝島』が誕生するまでの苦悩と秘話

    <現代の肖像>真藤順丈 直木賞受賞作『宝島』が誕生するまでの苦悩と秘話

    AERA

    11/11

    宝島

    宝島

    週刊朝日

    2/6

  • 米海兵隊には「出て行ってもらう」のではなく「移ってもらう」 玉城デニー沖縄県知事が提案する新たな政治的アプローチとは?

    米海兵隊には「出て行ってもらう」のではなく「移ってもらう」 玉城デニー沖縄県知事が提案する新たな政治的アプローチとは?

    AERA

    3/6

    「ウソツキ」「クソサヨク」“米軍落下物”の保育園に誹謗中傷 沖縄と本土のすれ違い

    「ウソツキ」「クソサヨク」“米軍落下物”の保育園に誹謗中傷 沖縄と本土のすれ違い

    AERA

    6/21

  • 現実味を帯びる「琉球独立」 歴史的第一歩を踏み出すか!?

    現実味を帯びる「琉球独立」 歴史的第一歩を踏み出すか!?

    週刊朝日

    3/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す