川崎・池上町 路地裏に残る「戦後」の声を聴く

2019/03/17 17:00

 日本の高度経済成長を支えた労働者が暮らす川崎・池上町でいま、住民たちが立ち退きを迫られている。あいまいにされてきた「戦後」の問題が、現代に表出した。地域の歴史をひもとくと、路地裏に残るひずみが見えてきた。ライターの磯部涼氏がレポートする。

あわせて読みたい

  • 五輪から1年 治安が悪化し続けるリオのスラムの今

    五輪から1年 治安が悪化し続けるリオのスラムの今

    AERA

    10/26

    K-POPの聖地「新大久保」が汚されている 食べこぼしやタバコの吸い殻、吐瀉物まで…「もう住めない」と街を出ていく地元住民も

    K-POPの聖地「新大久保」が汚されている 食べこぼしやタバコの吸い殻、吐瀉物まで…「もう住めない」と街を出ていく地元住民も

    dot.

    4/7

  • 終わらないヘイトと差別がある社会 法律や条例できても「実効性が弱い」課題も

    終わらないヘイトと差別がある社会 法律や条例できても「実効性が弱い」課題も

    AERA

    1/3

    ヘイトスピーチ報道 “痛み”に鈍感なテレビ 人権感覚が今こそ問われる!

    ヘイトスピーチ報道 “痛み”に鈍感なテレビ 人権感覚が今こそ問われる!

    GALAC

    7/26

  • 川崎の中1殺害事件と街の深奥 地元のラッパーたちからひもとく

    川崎の中1殺害事件と街の深奥 地元のラッパーたちからひもとく

    AERA

    3/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す