この人たちの前なら泣いてもいい… 3.11で3人の子を亡くした男性の8年

地震

2019/03/11 19:54

 地震発生の時を知らせる長いサイレンが、街中に鳴り響いた。14時46分。木工作家の遠藤伸一さん(50)は今年も、宮城県石巻市の自宅跡地で、当時の避難所仲間やボランティアら50人ほどと手を合わせた。

あわせて読みたい

  • 【震災10年】被災者が伝え続ける「逃げて」 避難スイッチ決めて避難の「素振り」を

    【震災10年】被災者が伝え続ける「逃げて」 避難スイッチ決めて避難の「素振り」を

    AERA

    3/6

    豪雨災害でペットはどうする? 全国初と言われたペット同伴避難所の実態とは

    豪雨災害でペットはどうする? 全国初と言われたペット同伴避難所の実態とは

    dot.

    7/3

  • 東日本大震災の遺児たちの悲しみに耳を傾け続ける…あしなが育英会の10年 #あれから私は

    東日本大震災の遺児たちの悲しみに耳を傾け続ける…あしなが育英会の10年 #あれから私は

    dot.

    3/11

    避難所を和ませた「リーダー」はなぜうつ病になったのか

    避難所を和ませた「リーダー」はなぜうつ病になったのか

    週刊朝日

    3/15

  • 【ペットの防災】避難所に入れなくてもあきらめない 同行避難と命を守る仕組みづくり

    【ペットの防災】避難所に入れなくてもあきらめない 同行避難と命を守る仕組みづくり

    AERA

    3/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す