新時代の皇室を占うキーワードは? 「平成」という時代から考える

矢部万紀子AERA#皇室

在位30年記念式典で、天皇陛下が用意した原稿を... (16:00)AERA

在位30年記念式典で、天皇陛下が用意した原稿を... (16:00)AERA
 在位30年を祝う式典で、平和への思いを語った天皇陛下。皇后とともに慰霊の旅を続け、国民の共感を集めた平成の時代がまもなく終わる。皇太子さまと雅子さまによる新時代の皇室は、どのような姿になるのか。コラムニストの矢部万紀子氏がつづる。

【愛子さまがくつろいだ表情を見せている皇太子ご一家の写真はこちら】

*  *  *
 2月24日に開かれた「天皇陛下在位30年記念式典」での「おことば」。その最終盤、陛下(85)は「平成が始まって間もなく、皇后は感慨のこもった一首の歌を記しています」と語り、美智子さま(84)の歌を披露した。

<ともどもに平(たひ)らけき代(よ)を築かむと諸人(もろひと)のことば国うちに充(み)つ>

 この歌が詠まれた時、昭和天皇崩御という深い悲しみの中にあったので、その「ことば」は声高に語られたものではなかったと断り、こう続けた。

「しかしこの頃、全国各地より寄せられた『私たちも皇室と共に平和な日本をつくっていく』という静かな中にも決意に満ちた言葉を、私どもは今も大切に心にとどめています」

 8分を超した「おことば」だったが、「私ども」という表現が使われたのはここだけだった。自分たちは心の中に、国民と「平和」を共有したことをとどめているのだ、と述べたのだ。平成という時代を締めくくるのに、実にふさわしいと感じた。

「忘れてはならない4つの日」は、今では宮内庁のホームページにも載っているが、陛下がその話をされたのは、まだ昭和の時代だった。

 1981年8月7日に「まもなく終戦記念日ですが、どんな感慨を持たれますか」と質問され、皇太子さま(当時)はこう答えた。

「こういう戦争が二度とあってはいけないと強く感じます。そして、多くの犠牲者とその遺族のことを考えずにはいられません。日本では、どうしても記憶しなければならないことが四つあると思います。(終戦記念日と)昨日の広島の原爆、それから明後日の長崎の原爆の日、そして6月23日の沖縄の戦いの終結の日。この日には黙祷を捧げて、今のようなことを考えています」

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック